HOME > 検査のご案内 > タバコ病・肺年齢

タバコ病・肺年齢

風邪を引いていないのに、咳や痰が止まらない・・・
ちょっとした運動や、日常生活で息切れを感じる・・・

「タバコ病」(COPD)かも知れません!

タバコ病(COPD)とは・・・ 空気の通り道である気管支・細気管支・肺胞が炎症し、空気の出入りが阻害され呼吸困難を引き起こす病気の総称です。

タバコ病(COPD)の約90%の患者さんが喫煙者です。
また、受動喫煙によりタバコを吸わない人の健康までおびやかしています。
(それ以外の発生因子を存在します)

当院では、肺活量(どれくらい肺の中に空気が入るか)、努力性肺活量(いきおいよくはけるかどうか)を調べることにより、COPDを含む肺疾患および肺年齢を知ることができます。

肺年齢を知る事で、肺の健康意識を高め、健康維持や呼吸器疾患の早期発見・治療ができます。

▲ページトップに戻る