HOME > copd

タバコ病(COPD・慢性閉塞性肺疾患)・肺年齢

お困りではありませんか?

風邪を引いていないのに、咳や痰が止まらない・・・
ちょっとした運動や、日常生活で息切れを感じる・・・

それは「タバコ病」(COPD・慢性閉塞性肺疾患)かも知れません

タバコ病(COPD・慢性閉塞性肺疾患)とは

タバコ病(COPD・慢性閉塞性肺疾患)とは、空気の通り道である気管支・細気管支・肺胞が炎症し、 空気の出入りが阻害され呼吸困難を引き起こす病気の総称です。

タバコ病(COPD・慢性閉塞性肺疾患)の約90%の患者さんが喫煙者です。

■ 当院での検査

当院では、肺活量(どれくらい肺の中に空気が入るか)、努力性肺活量(いきおいよくはけるどうか)を調べることにより、COPDを含む肺疾患および肺年齢を知ることができます。

また、CT検査では、たばこ肺の程度を視覚的にみることができます。

肺年齢を知る事で、肺の健康意識を高め、健康維持や呼吸器疾患の早期発見・治療ができます。

>>>検査について詳しくはこちら

>>>禁煙外来をご希望の方はこちら

■ ご予約・お問い合わせ
お電話で承っております。お気軽にお問い合わせください。 電話番号:0575-25-0330
  関市|内科の臼井ハツラツクリニック予約  電話をかける  
■ 電話受付時間 ■
平日午前 8:30-12:30/平日午後 15:30-19:00
木曜 8:30-12:30 土曜 8:30-13:00 日祝休診